そもそも「写真」が発明されて以来、「写真」の待つ最大の価値は「残すこと」でした。プロアマ問わず、雑誌やチラシ等のコマーシャルの分野にまで「今を残す」「時代を残す」といった価値観がありました。それはデジタル化以降も変わらない普遍的な価値だったのですが、スマートフォンとSNSの普及により急速にその価値観を変えていきました、それは「写真」の価値が「残すこと」から「共有(シェア)して今を楽しむ」に変わっていったのです、いや「変わったと思われてしまった」というところでしょうか。実際は、情報革命により新しい価値が加わり、1つだった世界線(楽しみ方と価値観)が2つの線に分岐したのだと考えています。

スマートフォンとSNSの普及から始まったもう一つの世界線「新しい写真の楽しみ方」は、「画像情報データ」を多くの仲間と瞬時に共有し話題にして「今」を楽しむことです。それは「旬なもの」「流行」を追いかけることになります。また元来の世界線「写真館で撮影したものも含む今まで通りの写真の楽しみ方」は、何気ない日々の「幸せ」を印画紙というタイムカプセルに閉じて、数十年後にそのカプセルを開いた時、人生の意味や奥深さを感じ合う事なんだと思います。それはまるでワインやウイスキーが、時と共に熟成されビンテージ酒に変わるように、、他に代わりのきかない唯一無二の宝物となっていくのです。どちらが正しい楽しみ方などではなく、スマートフォン普及以来大きく分けると、「写真」には違った2つの世界線(楽しみ方)があると考えています。

「いや、スマホで撮影した写真も残せるよ」っと思われるかもしれません。小型化、大容量化する記録メディア、発展するクラウド。物質でない画像データは壊れたら全てを消失してしまう事もあって、以前はどんなに保険をかけててもデータは残せないと思われていたのですが、現状では逆に、デジタル環境の整備・進化に伴い、データの方が安全だという考えも出てきていますし、もちろんそれを否定するつもりもありません。ただ、常に変わる続ける「流行」を追いかけた膨大な情報データの整理、選択、管理をするのは、あくまでそれを保有する一個人であり、端末紛失等のいくつものハードルを超えて、果たして本当に50年、100年と残せるのか、と思わざるをえません。そういった事からも「残す」楽しみ方と、「共有する」楽しみ方として、2つの世界線を分けて考えた方が良いのではないかと思います。

長い年月、時間の中で、お酒や家具などでもビンテージとして残っていくのはごく一部。それだけ 時間の流れは過酷なんです。そしてそれは、「物質」だけのことでなく「価値観」も同様ように朽ちて いきます。だからこそ「写真館で写真を撮る意味」とは、「流行」を追いかけるのではなく、普遍的な 日常の幸せを残し、それを未来に届けることだと考えています。

慶屋写真工房からのお知らせ

写真に関することならお気軽にご相談ください TEL093-475-5543

オフィシャルサイトはコチラから

Copyright © 北九州の写真館 初めての七五三・お宮参り.com All Rights Reserved.

Copyright © 北九州の写真館 初めての七五三・お宮参り.com All Rights Reserved.